kalas色校正!紙と発色の闘い!

11月18日夜、津の冊子kalas発行人の西屋さんから「色校正が上がっている」との連絡があったので、津市四天寺にあるkalas編集室へ。表紙写真と連載写真「界隈」の色の確認をしました。
編集室はとても忙しそう!そんな中おいしいコーヒーをいただきながら少し時間をかけて色校正を確認しました。kalasはマット系の紙を使っているのですが、もともとある紙の色とマット特有のシャドー部の沈みがあるので、色再現に少々苦労します。それでもその沈み方が時には「おっ!!」という再現をしてくれる時もあるので、そんなことも出来るだけ楽しむようにしています。
kalasさんには少しシャドーを持ち上げてもらうことと、見開きページ左右の色が出来るだけそろうようにしてもらうように伝達、編集室をあとにしました。
次号kalasは12月1日発売、
特集では近所在住の奥田夫妻も登場しています!(奥田さんヤマキさんまた一緒に行かせてクダサーイ!)
乞うご期待!(kalasはHibicoreでも取り扱っております)
kalasのHPは↓
http://www.kalasbook.com/

※さあーて、次回のkalas表紙はどこでしょーか??こちらもお楽しみに!フフフ。
今回の写真は文中とは特に関係ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です