東北、大槌に来ています。

D3A_8432-141215web-fin.jpg
D3A_8392-141215web-fin.jpg
東北岩手大槌町に来ています。往路は雪景色の中、途中で遠野の温泉に浸かったりしながら大槌に向かいました。平日午前中の温泉はほぼ貸し切り状態でした。大広間では湯上がりのお客さん達がいい顔で休憩していました。息子さんは三重に働きに行っているよ、3年更新の仕事だけどもう9年も帰ってこない。そんなことを話してくれました。(こちらに来ると「三重で働いていた」などどいう声をよく聞くことがあります。そんな何気ない言葉のやり取りが距離感を縮めてくれます)濁ったお湯の良い温泉でした。いままで大槌に向かうときにはあまり寄り道などしませんでしたが、こういう機会も増やしていけるとまた違う東北を感じることが出来ます。温泉地での方言でのやり取りなど聞いていると、心から暖まってくるなあ、多少古い感じの温泉だとその気分は増強されます。(笑)宮沢賢治記念館にも立ち寄ろうと思いましたが調べるとリニューアル工事中でお休みでした。こちらは来年春にリニューアルオープンのようです。次回の訪問時の目標としました。
D3A_8382-141215web-fin.jpg
大槌町は以前の町が更地になってその上に盛土が始まっています。以前撮影させてもらった作業小屋やプレハブのお店などもほとんど移転していました。これからは景観も含めて大きく変化してゆくな、と感じさせてもらいました。
D3A_8500-141215web-fin.jpg
D3A_8525-141215web-fin.jpg
D3A_8541-141215web-fin.jpg
年の瀬に向かっているのでショッピングセンターはしめ縄など新年を迎えるコーナーが大きくセットされていました。
本日は帰路、大きな寒波がやってきています。公共交通機関が順調に動いてくれることを祈りつつ本日最終日の行程を進めて行きたいと思います。
みなさんも車の運転など年の瀬で慌ただしいので気をつけて下さいませ。風が強くなってきた!
-大槌ぶんこからのお知らせ-
三重県津市在住の橋本さんと共に制作のお手伝いをさせてもらった大槌新聞発行、大槌ぶんこの本、アマゾンで取り扱いが始まりました。小畑幸子・小畑太刀 生きた証 (大槌ぶんこ)是非お手にとっていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です