桝屋研究生から「モノクロームな日々」が送られてきました。

桝屋研究生「モノクロームな日々」 桝屋研究生「モノクロームな日々」 kitai books

写真好学研究所桝屋研究生から「モノクロームな日々」というタイトルのZINEが昨日届いた。桝屋さんはブログ神宮巡々3というweb配信をとても細かく更新しています。そのなかでもよく「モノクロームな日々」も登場してきます。

桝屋さんには以前三重県伊勢市で発刊されているローカル誌NAGI78号で白黒写真を撮影している写真家さんに作品と松原のインタビューテキストで登場していただくモノクロームというコーナー(神宮巡々ブログ記事のリンク)にも登場してもらっています。

研究生の星柿さんにたまたま渡す物があり、美里に来ていたので2人それぞれで見ました。

桝屋研究生「モノクロームな日々」を見る星柿研究生

桝屋さんはkiTai Booksという自分のレーベルも用意しています。(桝屋さんのkiTai Booksは何処で作っているのかな?と探ってみるとどうやらSTORESで作られているようですね。私、松原の作品などを販売してゆくgallery0369のwebショップはネットショップでよく出てくるもう一つのBASEで現在制作中です。こちらは余談でしたね、笑)

この桝屋さん制作のモノクロームな日々の冊子や桝屋さんの個人レーベルがどのように育っていくのか楽しみです。作った物を販売して届ける、直販所のような感じですが個人でできることから実践しはじめたことは素晴らしいと思います。長生きの楽しみにもなるでしょう。
実験と実践を手探りで模索しながらいろいろやってみるのが面白いと思います。こういうことは在宅 STAY HOME でできるので自分のHPを持っていて作品などある人はこの機会に試してみると良いのではないでしょうか?

(余談ですが以前の「モノクロームな日々」はしまうまプリントのフォトブックで作られていましたが今回はプリントパックで制作。デジタル入稿によるオフセット印刷。桝屋さんセルフデザインでオフセット印刷、レベルアップしましたね!)

「モノクロームな日々」の冊子の存在が気になる方は kiTai Booksに是非お問い合わせください。 桝屋さん、次の号も楽しみにしています!

ちょっと「番外編」
というわけではないですが在宅で時間があるのでー(笑)

HPとかブログとか最初からマイドメイン+マイサーバーが安心ではないですか。有料ですけど記事掲載コンテンツが廃止になったらたまんない、と思いませんか。アドバイスがあって早くから個人ドメインにしてました。

写真好学研究所の研究生も結構これで制作したました。レイアウトがわかりやすくて初めてのひとでも使いやすい。

撮影写真確認用のL判で愛用してます。インクジェット出力L判より随分安いです。よ。

私がDM葉書印刷してるとこ。

在宅たのしも。う。
では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です