2020年新年ご挨拶

2020年謹賀新年松原豊挨拶写真PC用

新年も明けて4日目となりました。
改めまして
明けましておめでとうございます。
昨年は公私共々大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い致します。

昨年末はLocal public bath “Sento”台北1839當代藝廊での展覧会を12月29日に終え、年末大晦日台北発の機内で新年を迎えて無事に帰国をしました。(台北での写真展では1839當代藝廊オーナーの邱さんを含めてお世話になった方々ありがとうございました。改めてお礼申し上げます。)
1839當代藝廊写真展リストに加えていただきました。(末尾)ありがとうございました。

帰国後すぐに昨年三重県尾鷲市で開催された磐座信仰シンポジウムの調査時に教えていただいた元旦に行われる祭りを見せてもらうために三重の尾鷲市へ。台北との気温差を感じながらも漁村で行われる祭りを元旦の一日のんびりと見せてもらいました。

正月中に映画「日々是好日」(2018年10月公開、大森立嗣監督、樹木希林、黒木華、多部未華子出演)を見ました。淡々とした日常を二人の相反する性格を持った女性が茶道に通いながら変化していく様を描いていく物語でした。映画の中で「世の中には、すぐに分かることとすぐには分かりえないことの2つがある」とうことが話されたいた。すぐに分かりえないこと、時間をかけないとできないこと、それはどういうことだろうか…
自分の世界を捉えてゆく尺度や深度のようなもの。それを勝手に写真でいうところの被写界深度と捉えて少しでも写真活動を通して私なりの捉え方の深度(理解力)を深めてゆけるようにする。そのために様々な選択も必要だと感じさせてもらいました。季節の節気の流れと共に描かれる風景が美しい作品でもありました。年を重ねてきたせいか最近このような静かな描写の映画に惹かれることが多くなってきましたね。

さて松原豊の今年の活動は
1月12日
gallery176で開催される「見る会」
1月26日
地元商工会での撮影講座
2月18日~
gallery176メンバーとの台湾台南での写真展(グループ展)
2月1日
亀山市展写真部門審査(2月16日同展審査講評)
4月10日~
写真展「知立」/ gallery0369
6月5日~
gallery176での写真展(内容未定)
7月7日~
Totem Pole Photo Gallery (東京新宿)での写真展

出版関係
三重のlocal誌NAGIでの白黒写真館での連載

研究活動
写真好学研究所の定例研究会と公開講座の開催

そんな流れで今年もいつものように進めて参ります。
今後とも宜しくお願い致します。

※年賀状での挨拶に代えまして新年の挨拶とさせていただきます。
※年賀状をいただいている方にはこれから遅くなりましたがこれから!返信させていただきます。到着まであと少しお待ちいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です