銭湯巡礼の連載が始まりましたよ!@三重

10435289_720070764724035_631776785_o.jpg
美里は雨、もう梅雨に入るのでしょうか。半袖だと少し肌寒い感じです。
前回のブログで書かせていただいた、本と人に出会う津の六月祭ホンツヅキまちの遺伝誌展」でのオープニングトークにお越しいただいた皆さんありがとうございました。kalasの西屋さん、あれいさんとトークで表紙制作の裏側のことを多少でも知っていただいたことができたのでは、と感じています。
ホンツヅキはまだまだ続きます。今週末も6月7日編集者トーク、8日スルメ式読書術があります。是非会場にお越しいただければと思います。
さてお知らせです。サルシカという場所でいこに銭湯というシリーズの撮影を私が担当しているのですが、そのシリーズを始めるきっかけになった中学生の同級生ケロリン桶太郎と私が三重の銭湯を巡る連載が月刊Simple
という三重県伊勢発の月刊情報誌で今月の6月号からで始まりました。銭湯好きな2人が魅力を引き出すタッチで現役三重銭湯を紹介していきます。初回は三重県伊勢市の大師湯さんです。詳細は誌面にて!(笑)
ケロリン桶太郎より今回の取材の感想が届いていますので紹介します。
「とにかく文字数をいかに少なくして伝えたいことを伝えるかが難しかったなあ。名前も会社でああやこうや言われるのがイヤややったからケロリン桶太郎にしたけど、どっかのタイミングで本名をさらそうかな?」
文章書くのに随分苦労したようですね。お疲れさまでした。
同級生との銭湯を巡る記録旅をお楽しみいただければと思います。(もちろんゆったり湯船に浸かることも忘れずに楽しみますよ!)そして是非銭湯に足を運んで見て下さい。
次号はどこの銭湯になるか、楽しみにしていて下さい!
お知らせでした。


東海地方、梅雨入りしてたのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です