橋本純司による「文庫本改装を楽しむ会」6月19日、日曜日開催。


火曜日、晴れ@三重県美里町。朝の光射す古民家からのお知らせです。
今月16日の日曜日13時から三重県津市在住、知人のデザイナー橋本純司(橋本デザイン室)http://hashimoto-dr.comさんがKIPプロジェクト(@古民家Hibicoreでは随分久しぶりの開催)
「文庫本の改装を楽しむ会」を開催します。
橋本さんは三重県津市在住のデザイナー。グラフィックデザインの仕事をしながら本の装丁のお仕事もしています。仕事で一緒に動くこともよくあるのですが、移動中よく「手を使った仕事をもっともっとしたいんさな」と少し熱い目に語ってくれます。
そんな橋本さんが今回、美里の築80年の古民家で「本改装を楽しむ会」を開催することとなりました。
橋本さんから昨晩メッセージが届いたので添えておきます。
今回のKIPプロジェクト「文庫本の改装を楽しむ会」は、ちょっと思い切って、文庫本のカバーと表紙をビリっと外して、ハードカバー布貼り表紙への仕立て直しに挑戦します。好きな布で作った表紙の手触りと質感は、とってもうれしい仕上がりになるはず。文庫本を持って出かけたくなるような、自分だけの楽しい一冊を作ります。カッターナイフで切ったり、のりで貼ったりと、ゆっくり丁寧に進めるカンタンな作業ですが、けっこう集中できる、とっても楽しい大人の工作です。お好きな布を持ってご参加ください。布は文庫本の内容に合わせたチョイスがいいかもしれません。(あんまり厚手の布は貼りにくいかも)
自分だけの一冊を、一緒に作って、楽しみましょう。
「自分だけの1冊」「切ったり、はったり、大人の工作」…
手作業から遠ざかっていた人達も「自分でつくる」ことを体感しながら、久しく使っていなかった指先の感触を想い出しながら楽しく作り上げていくことは、新鮮な感覚を甦らせてくれるでしょう。16日、日曜日の午後、築80年になる美里の古民家の是非お越しください。
当日の開催情報、申込み方法は下記になります。
持参物
お好きな布をお持ちいただき、
文庫本のカバーを布貼りのハードカバーに仕立て直す講座です。
休憩を交えつつ、ゆっくり楽しく、自分だけの一冊を作りましょう。
開催日時:
2016年6月19日(日) 13時から(3時間程度)
場所 古民家Hibicore 〒514-2113 三重県津市美里町三郷369
参加費:4,000円(材料費込み)
講師:橋本純司(橋本デザイン室)
持ち物:
●20cm×30cmの布(1枚)
…薄手のもので、デコボコが少なめのものが良いでしょう。
●文庫本(1冊)
…表紙やカバーは取り外します。取り外しても大丈夫な一冊を。
●カッターナイフ 、ものさし、筆記用具(鉛筆・消しゴム)
…使いやすいものがあれば、お持ちください。
参加申込み
1、FBイベントページから
https://www.facebook.com/events/138873393193559/に直接申し込み
2,橋本さんのメールアドレス
info〇hashimoto-dr.com(送信時に○を@に変えてください)
に直接申込み
いずれかの方法でどうぞ。
週末開催されるWSのお知らせでした。
さて取材に出発するとします。今日も1日頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です