梅雨の夕暮れに

D3A_3969-web-fin.jpg
昨晩から半袖では肌寒い気温です。しとしと梅雨の雨が降り続いています。
大雨のところもあるようです。気をつけて過ごすようにしましょう。
夏至を過ぎてこれからだんだんと日照時間が短くなっていくわけですがまだまだ日が暮れるのは遅い時間です。
夕暮れの雨時、洗濯物が屋根と屋根の間の暗いところに干してありました。
湿り気の多い空気感のなかでの光景が「そういえば何処かで見たことのある感じだな。」と思いながら
その時の匂いや湿り気そのようなものから様々のことを連想ゲームのように思い起こすことがあるから不思議。
風の止んでいる時を選んで1枚シャッターを切りました。現在と過去が繋がるような不思議な感覚。そんな感じになるときありませんか。
お知らせを数点ほど。
●現在愛知芸術文化センター、愛知県美術館E,F室で開催中の日本写真家協会JPS名古屋展開催期日も残り2日と少しになりました。(7/6まで開催)
明日7/5土曜日は関連イベントの一つとして私がお話しをさせていただきます。題名は、写真集「村の記憶」そこからはじめたこと。〜里山在住写真家活動報告2014〜になります。
場所は愛知芸術文化センター12階アートスペースA室
時間は19時から20時30分まで。入場無料、申込不要になります。
写真集「村の記憶」を発刊した経緯の報告。昨年記録撮影させていただいた伊勢神宮の式年遷宮、民間行事のお白石持行事の撮影など三重県内での活動、東北大槌町を撮影している写真など、それらの活動についてスライドを交えながらお話しをさせていただきます。私にとって「村の記憶」という存在はどういうものなのだろうか。そのあたりのことについても触れて行きたいと思っています。
(できるだけ沢山のスライド映像を見てもらうようにと考えています)
※5日土曜日の午前中はJPS森田、加藤会員によるステップアップ講座、
6日日曜日の午前中はJPS永嶋サトシ会員によるフォトショップ活用術(有料)も開催されます。
こちらにも是非ご参加下さい。
講演会の詳細情報はこちらにて。
2014JPS名古屋展-22014JPS名古屋展-1
●JPS名古屋展と同時期開催のノリタケの森ギャラリー(名古屋市西区則武新町3-1-36)で開催している東海在住日本写真家協会会員による第9回東海メンバーズ展。今年の共通テーマは「記憶」。会員それぞれの「記憶」のイメージを是非ご覧いただければと思います。(私は「村の記憶」のシリーズの大型写真を出展させてもらっています)
こちらの詳細情報はこちらにて
こちらの会期も6日までになります。(最終日は16時まで)
2014ノリタケDM
●7/23-29迄三重県伊勢市外宮前にある伊勢シティープラザ2階で開催する写真展「お白石持ち行事「伊勢の町衆」チラシやポスターなど出来上がってきました。展覧会の詳細情報はこちらにて。
チラシ置いても良いですよ、とかポスター貼っても良いですよ、などのお知らせに協力して下さる方見えましたら松原の方まで一声いただけると助かります。
A3ポスタweb広報ー②
いろいろお知らせさせていただきました。どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です