月夜に照らされて@美里の田んぼ

D3B_6451-web-fin.jpg
満月近くのある晩、月夜に照らされる美里の田んぼを撮影しに行ってきました。同行者は近所に住む美里唯一のガソリンスタンドの代表稲垣さん、通称エネオス稲ちゃん。稲垣さんは古民家HIbicoreで開催するKIPプロジェクト津あけぼの座で開催しているAugmサルシカHPで連載中の田舎IT講座、地元の公民館で行っているIT講座、などなど多彩な才能を発揮している人です。私も移住して「こんなにIT関係に詳しい人がいるのか!」とびっくりしました。そのおかげでホームページやSNSのことについていろいろと教えてもらっています。里山でそういう分野のことをいろいろ相談できる人がいるのは本当に助かっています。(便利な道具も使い方をしっかり習ってこそだと改めて痛感している次第です!稲垣センセ!)
撮影当日、お昼の天気の良さから「撮影は今日しかないな」と判断、連絡をして決行となりました。(そういうときの勘のようなものは結構当たるもんなんです。)
深夜男二人で田んぼに向かいます。三脚担いだ2人がいるのですからかなり怪しい??
特にそんなに話を沢山するわけでもなく淡々と撮影を進めました。じっくり撮影して1時間超えていましたかねー。三脚は夜露に濡れていました。それにしてもほんとに風もほとんど無く、よい月夜。なんだかこの場所に呼ばれたような感じになってきました。動物が見ている風景はこんな感じなのかな?と改めて勝手に思ったりしてみました。緩やかで鈍い光のシャワーを全身に受けながら撮影を完了しました。
なお、撮影したところは先日サルシカ隊が田植えをした田んぼ。勝手に入って撮影したわけではありませんので、念のため。
運転してくれた稲垣さん、ありがとうございました。(少しだけ獣になったような感じでしたね、笑)
お知らせ!
稲垣さんが主催するKIPプロジェクトで5月25日にスマホ撮影講座を開催します。こちらも是非香味のある方は是非ご参加下さい。私も講師で参加します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です