写真展「伊勢・磯部」現在三重県津市美里町で開催中、今月26日迄。

160303-8web.jpg
雨@三重美里町。ここのところ暖かい日が続いていましたがこれから少し冷えてくるようです。
寒暖差があるので風邪など引かぬようにお互い過ごしましょう。
(花粉も随分飛んでいますね、鼻水と目のかゆさが春の到来を身体に告げています…)
さて今月26日まで三重県津市美里町にある「美里ふるさと資料館」で写真展「伊勢・磯部」を開催しています。9時から16時迄(月曜日休館日)となります。
昨年宗教人類学者である植島啓司先生の長年にわたるフィールドワークの結晶である「伊勢神宮とは何か」(集英社ビジュアル新書)に掲載している写真のなかから選んだ写真郡を展示しています。会場には著作本も置いてありお読みしていただけます。春の訪れを感じられる三重県津市美里町に是非足をお運びください。
美里ふるさと資料館では「むら」の暮らしを振り返ることのできる農耕機具などが展示してありますのでそちらも是非ご覧いただければと思います。
160303-4web.jpg
160303-3web.jpg
160303-1web.jpg
160303-2web.jpg
知人の桝屋さんにも写真展の様子をブログで紹介してもらっています。こちらも是非ご覧下さい。
もう一つお知らせです。
写真展審査委員長を務めさせていただいた大紀町「第1回!大紀圏突入フォトコンテスト」受賞作品展を3月末日まで大紀町山海の郷内「ギャラリー山海の郷」にて開催中。こちらもお近くのかたは是非足をお運びください。
160307-1web.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です