写真展「白冬」無事終了

2021年2月 写真展「白冬」gallery176会場写真

昨日2月21日まで開催していた写真展「白冬」を無事終えることができました。動きにくい状況下ではありましたが足を運んでいただいた方々、映像配信を視聴していただいた方々、ありがとうございました。深く感謝申し上げます。

gallery176という空間の中に額装とブックマットに入れた銀塩プリント、というオーソドックスな展示ではありましたが
、過去の展示を振りかえってみてみても今回の展示は「しっくりいく→無理してない→写真を見てもらえる」という感じで仕上がっていたように思います。
壁面に作品額が吸着するような感じで作品が存在していたことも作品の全体の枚数や間隔などのちょうど良いバランスによるものだったのでしょう。(こういう間隔にgallery176で体感できたのははじめてのことかもしれないです)
今回の展示写真は車窓風景でしたが「窓」を感じてもらえる展示になっていたのではないかと自分なりに認識しています。そのような展示の中で作品を購入していただいた方が居てくれたことも励みになりました。(教え子が足を運んでくれて作品を購入してくれたのも嬉しい出来事でした。)今後も「写真を見てもらう」ということを意識しながら空間での展示を続けて行きます。ありがとうございました。



作品展示
「白冬」176webでの案内ページ
作品サイズ
8㌅×10㌅、額の大きさ14㌅×17㌅縦位置額に横位置、白黒ゼラチンシルバープリント
展示関連映像
松原豊写真展「白冬」紹介映像
松原豊写真展「白冬」gallery176/会場からの初!生配信
次回松原豊の写真展は
3月19日から三重県津市美里町のgallery0369で開催する写真展「界隈Ⅱ」になります。
冊子kalasに連載していた三重県津市内のまちのあちこちを撮影して連載をしていた「界隈」のシリーズから約20点を会場に展示する予定です。お時間ありましたら会場でお会いできればと思います。
取り急ぎ「白冬」写真展無事終了のお礼まで。



2021年2月22日 松原 豊

2021年2月 写真展「白冬」gallery176会場写真 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です