劇場再開津あけぼの座6月公演

2000.05.11三重県津市美里町夕暮2020年5月11日、事務所2階からの夕景。今日も無事日が暮れた。やれやれ

今日も在事務所、在里山。たぶん200歩以内しか動いていないと思います。事務所の24インチの液晶テレビと最近購入したecozoomという竈、それと配偶者でもあるHibicore女将、この3人が日常的な話し相手。またHibicore女将とはこんなに長い時間お互いが一緒に過ごすことは未だかつて無い経験ですので、適度な距離感を保ちながら適度に教育されながら在宅をするのが良いのでは無いか?と思う日々。都市の中で在宅勤務で家で2人でこもっているときの適度な空気感の解放はどのように行うのだろう?それぞれで散歩とかしながら気分転換などしているのだろうか?新型ウイルスは人間という人種にほんとにいろいろな試練を与えてくるのである。うまい方法など何も無いだろうからウイルス対策意外にもいろいろ試しながら歩んでいくしか無いのだろう。試す+鍛錬、試練である。皆さんはどんな感じでありますか?

2020広田二口企画津あけぼの座公演「眠っちゃいけない子守歌」

そんな状態の我が家、我が事務所ですが、先ほど三重県津市に拠点を置く津あけぼの座の油田さんからのFBメッセンジャーで、6月に津あけぼの座で開催を予定していた広田ゆうみ+二口大学「眠っちゃいけない子守歌」2020ツアーを予定通り開催することにしました。と連絡がありました。
おっ。
なんだかずっと閉じていた窓を少し開けて緩い光と風が入ってくるような気持ち。「予約もね、ぼちぼち入ってきているのですよ」という言葉も添えられていた。
劇場という場所に演者がいる、それを観るお客がいる。久しぶりにそういう場所に足を運べることを楽しみにして開演日を待ちたいと思います。もちろん注意を払わないと行けない点にはしっかりと注意を払いながらの開催になるのでしょう。

2020広田二口企画津あけぼの座公演「眠っちゃいけない子守歌」

また今回の三重公演での初日、6月20日19時からの公演では終演後のアフタートークに私、松原が昨年に引き続き今回も登場させていただきます。公演共々アフタートークも併せてお楽しみいただければと思います。
開催日は6月20日と21日の両日。
チケット予約もはじまったようです。

三重県での演劇公演再開です。是非。別役実さんの作品を読みながら当日がくるのを楽しみに待ちましょう。

広田+二口お二人の書かれているブログ。

以下テキストはHPから2020ツアー部分の抜粋となります。
今年も、別役実作品でツアーを行います。
3月に惜しくもこの世を去った別役実さん。
三重県津市、愛媛県松山市、京都市と公演させて頂きます。
足をお運びいただけましたら幸いです。

広田ゆうみ+二口大学「眠っちゃいけない子守歌」2020ツアー

三重公演 於 津あけぼの座
6月20日(土)19:00★ 21日(日)14:00
★アフタートーク開催 ゲスト:松原豊さん(写真師・Office369番地)
6月19日(金)ワークショップ開催
チケット予約受付中!

松山公演 於 シアターねこ
8月7日(金)19:30 8日(土)14:00★/19:00
★アフタートーク開催 ゲスト:本坊由華子さん(世界劇団)
チケット予約 6月より受付開始予定

京都公演 於 人間座スタジオ
10月30日(金)19:30★ 31日(土)15:00/19:00
★アフタートーク開催 ゲスト:筒井加寿子さん(ルドルフ)
※4月から延期となりました。

また、長崎・アトリエPentAにて、ペンタの日2020に参加、「いかけしごむ」を2021年3月上演予定です。
こちらも追って情報を掲載いたします。

広田さん、二口大学さん、三重でお会いできることを楽しみに待ちますね。それまでお互い気をつけて過ごして参りましょう。
こちらも6月大阪、7月東京での写真展準備がんばろ。

この本読んでみよ。

作業中に聞いてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です