色校正

月兎舎NAGI80号色校正

NAGI80号色校正

昨日は三重県が誇るローカル出版社伊勢市の月兎舎へ。季刊誌「NAGI」が発刊20周年を迎える記念号(80号)の特集記事撮影を今回は2本!坂編集長との絶妙コンビで取材させていただきました。何処を担当したかはNAGIの仕上がり楽しみにしていてくださいね。その担当ページの色校正の確認に伺いました。(これは本が世に出る前に色やテキストを最終の確認をするための大切な行程。撮影しっぱなしであとは編集お任せのスタイルとは違うものつくりのスタイル。私はこの確認するスタイルが好き。あと撮影担当したことの責任感だと思ってます、かなり大げさに言えば!)
私の担当(監修)している白黒写真で作品制作を行っている写真家を白黒ページで紹介させていただいているMonochromeのコーナー。ここはインタビューのコーナーですのでテキストのチェックも行います。(チェック時一字訂正必要部分が見つかりました)今回の登場者は井津建郎さん。ニューヨークから取材途中に日本に立ち寄られた時にNAGI20周年ということで特別にインタビューに応じていただきました。こちらのページも楽しみにしていてくださいね。(ニューヨーク在住の井津建郎さん、貴重な時間を割いて取材協力いただき本当にありがとうございました。)

NAGI80号の仕上がりは間もなくです。みなさん発刊を楽しみにしてくださいね。
(井津さんの次のMonochrome取材予定者はこのコーナー初の女性写真家です。来月取材予定です。)

ブログに掲載している写真は色校正の紙に付箋が貼られたNAGI見本。中身はもちろん内緒。そしてもう一枚はインタビュー時の井津建郎氏です。

インタビューを受ける井津健郎氏

NAGI “Monochrome”用にインタビューを受ける井津健郎氏(映像用画面)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です