Exhibition

— 展示のご案内 —

2019 Project Photo Exhibition

北井 一夫写真展 「カラー いつか見た風景」    

2019.6.9 (sun)-16 (sun) 
 
 
 「沖縄放浪」久米島1971年 北井一夫


2019年のgallery0369最初の写真展は、昨年からはじまった企画展の第3回目として、北井一夫写真展「カラー いつか見た風景」を開催します。
白黒写真作品の印象を強く残す写真家「北井一夫」氏によるカラー作品の展示。「カラー いつか見た風景」として1970年から2000年にかけて、国内外を旅し、自然やその地で暮らす人々の日常を捉えたカラー作品をgallery0369(三重)とgallery176(大阪)2つのギャラリーを巡回して展示します。(インクジェットプリント作品)


写真展タイトル 北井一夫写真展「カラー いつか見た風景」
写真展開催期日 2019年6月9日(日)〜6月16日(日)
開催時間 13時〜19時
休廊日 開催期間中なし
作家在廊日 6月15日(土)
展示構成担当 石井 仁志(メディアプロデューサー、本展示キュレーター)
展示企画担当 松原 豊(三重展担当)、石井 仁志(大阪展担当)


関連イベントその①(参加予約必要、定員10名)
6月9日(日)「北井一夫写真の面白さを探ってみよう」15時〜(約90分予定)参加費¥2,000
(参加費には北井一夫エッセイ集/写真家の記憶の抽斗、日本カメラ社刊1人1冊ついてきます)エッセイ集記憶の抽斗と展示写真を見ながら北井さんの写真の面白さを読み解いていきます。
担当 石井仁志、松原豊


関連イベントその②(参加予約必要、定員5名)
6月15日(土)北井一夫さんに写真を見てもらおう 13時〜15時、参加費 ¥2,000(お茶付き)
※参加者の方は1シリーズA4サイズ10枚~20枚程度の写真を当日ご持参下さい。(おひとりさま1シリーズでお願いします。


関連イベントその③(参加予約必要、定員20名)
6月15日(土)北井一夫さんギャラリートーク 16時〜17時、参加費 ¥1,500(お茶付き)


参加予約については info@matsubara-yutaka.com メール宛てに〇月〇日イベントその〇に参加と記載してお名前、参加人数、電話などの連絡先を記載してお送りください。メールが届き次第受付完了の返信メールをお届け致します。


今回の写真展について

 私と北井一夫さんとの出会いは「村へ」という写真集と専門学校時代に出会ったことがはじまりです。専門学校卒業後にはじめてご本人とお会いし、写真展に足を運んだりプリントを購入させていただだいたりすることなど、時間をかけて親睦を深めてきたことがご縁となり、今回三重県の「gallery0369」と大阪の「gallery176」を巡回する写真展を開催していただく運びとなりました。北井一夫作品=「村へ」などのイメージであり、同時に柔らかいトーンの白黒写真というイメージを持たれる方が多いと思いますが、今回の展示ではカラー写真作品を見ていただきます。北井一夫作品を知る方には柔らかなトーンの白黒写真のうえにゆっくりと色というレイヤーが重なってくるような、記憶の中の光景に緩やかに色が着色されていくような印象を楽しんでいただき、今回はじめて作品に触れる方には日常光景を描写し、撮影から時を経て目の前に現れる写真で記憶を刺激されながら、色のついた世界を見つめることを楽しんでいただければと思います。
松原 豊(三重展示企画担当/gallery0369オーナー)


プロフィール
 
北井一夫(写真家)
1944年 満州鞍山生まれ
日本大学芸術学部写真学科中退。『三里塚』『村へ』『いつか見た風景』『フナバシストーリー』『1990年代北京』などドキュメンタリー的な写真を撮影、発表してきた。1972年、第22回日本写真協会新人賞。76年、第1回木村伊兵衛写真賞。2013年、日本写真協会作家賞を受賞。出版物は膨大、個展も多数開催。
  
松原 豊(写真展企画/gallery0369オーナー)
1967年 三重県生まれ 
東京写真専門学校名古屋校(現名古屋ビジュアルアーツ)卒業。『村の記憶』(2011年月兎舎)『青森』(2018年一期堂)『伊勢神宮とは何か』(2015年集英社ビジュアル新書/植島啓司氏との共著)写真展多数開催。2012年三重県津市文化奨励賞受賞。TAIWAN PHOTO 2017,2018 参加(2017年、2018年)私設『写真好学研究所』所長。名古屋ビジュアルアーツ講師。公益社団法人日本写真家協会会員。gallery176運営メンバー 。写真家。