JPSメンバーズ東海会員展@名古屋開催中

強風吹く三重美里から写真展開催のお知らせです。

第39回2018 JPSメンバーズ東海会員展を現在愛知県名古屋市セントラルパーク内セントラルギャラリーで開催中です。毎年恒例の開催で今回で39回の開催となりました。JPS=(公社)日本写真家協会の東海三県に在住する写真家21名でのグループ展です。一人一人の作品をじっくり見ていただける写真展です。
私は今年の冬に「台湾」の街を大型カメラで撮影した写真を展示しております。
他の会員達の名作と併せて名古屋近郊にお出かけの際はお立ち寄りいただければと思います。

第39回JPSメンバーズ東海会員展
2018.3.7(水)〜3.13(水)
10時〜21時(最終日は16時迄)
セントラルギャラリー(セントラルパーク内)
名古屋市中区栄/セントラルパーク北端
地下鉄名城線・桜通線「久屋大通」駅・南改札すぐ

また、今回出展している「台湾」の写真は来月4月6日〜22日、期間中の金、土、日、13時〜19時迄三重美里のgallery0369でも開催致します。
「台湾」写真展の詳細情報はまもなくgallery0369のHPにupしますのでこちらにも春の里山の風景を眺めながら是非お越しいただければと思います。

晴天になってきました。近所にロケに出かけてきます。
(花粉症の方々、辛い時期がやってきました。私も鼻水と闘う日々です。早くこの季節が通り過ぎることを祈りましょう。)

良き週末をお過ごしください。

ブログサボリノマツバラデシタ。

 

寒!gallery0369写真展開催しています!

寒い日が続いていますね。三重美里の今朝は雪化粧でした。寒さにめげずにブログ更新、お時間あればお読みください。

 先ずは現在開催中gallery0369写真展開催のお知らせです。
松原豊写真展 「New York 2000 December」開催中。
今回の展示は2000年12月にNew Yorkを訪れたときの写真を展示します。
印画紙プリントで展示しております。
 展示詳細情報はリンク先にてご確認ください。
 1月27日28日は松原在廊しております。
会場ではkalas最新号などの本の販売も行っております。こちらも是非。
「写真審査」
 この時期二つほど写真審査を担当させていただきました。
一つは愛知高文連さん主催の「第32回高校生の写真展(県大会)」@名古屋市民ギャラリー栄 第7・8展示室 
期日 平成30年1月16日(火)~1月21日(日)で開催された展示の写真審査。もう一つは三重県亀山市の亀山市展。
一つ目の愛知高文連さんでは写真界の大御所でもある写真家西宮正明氏とビジュアルアーツ写真学科講師の加藤智充先生と一緒に審査をさせていただきました。高校生のフレッシュな作品を沢山見せていただきました。画面構成的に大人な雰囲気のある写真や高校生という年代「今」でしか撮影できない写真にも触れることができて刺激をもらう感じでもありました。白黒写真もありましたが「何故白黒?」という問いかけは作者の側に必要ではないかな、と感じる作品も(カラーの方が良いのではないだろうか?と感じた作品も少しありました)あったこともお伝えしておこうと思います。
二つ目の亀山市展は(公社)日本写真家協会会員の服部辰美さん、山口政宣さんと一緒に審査をさせていただきました。風景や花の写真が多いのかな?と勝手なイメージで想定していましたが作品は予想外にまちのスナップなどの応募作品が多く予測していたイメージをいい具合で裏切ってくれた部分で楽しませてもらいました。
亀山市展は1月31日〜開催されます。開催情報はリンク先にてご確認ください。
また亀山市展写真部門作品講評を松原が担当することになりました。
日時は2月4日の14時30分〜1時間ほどになります。
亀山市文化会館中央コミュニティセンター内展示場所にて、お時間ありましたらこちらにも足をお運びくださいね。

亀山市展開催情報
亀山市展(入場無料)
日時 : 平成30131日(水)~24日(日) 午前10時~午後5時 (最終日は午後4時まで) 
会 場 : 亀山市文化会館・中央コミュニティセンター (5 部門とも)
展 示 : 入賞、入選作品及び審査員、無鑑査の方から出品された作品を展示します。
是非足をお運びください。
「足を運んで来ました」

三重県立美術館では現在企画展モダニストの日本美―石元泰博「桂」の系譜が開催されています。その展覧会に先日足を運んできました。展示は日本美を探る、新しく認識させてくれる構成になっているように感じました。
私が石本さんの写真を目にしたのはかなり前に「シカゴシカゴ」 https://www.pgi.ac/exhibitions/771/ のシリーズをPGIさんで見せてもらったことが最初だったと記憶しています。桂離宮の撮影ののち伊勢神宮の撮影をされた方でもあります。今回の展示は桂離宮関連写真のみの展示ですが三重で石本泰博氏の写真に触れる機会はなかなか無いと思われます。日本の美を表現している美しいプリントに是非会いに行っていただきたいと思います。
展示に併せて県立図書館と連携したイベントも開催されますね。(申込制)
こちらにも足を運んで見ようと思います。

「本の紹介」

 

昨年の夏に撮影で関わらせてもらった本が書店に並びはじめました。
題名は「初めて作るかわいい練りきり和菓子」(産業支援センター)現在三重県津市老舗和菓子店「新月」で勤務されている「川嶋紀子」さんのかわいい和菓子を今回ご縁あって撮影させていただきました。(御一緒させて居いただいた編集、デザイン、スタイリングのかた方は津市在住の方々です。ご存知の方も見えるかもしれませんね詳細は本の巻末を見て下さいませ)

本の詳細情報はリンク先をご覧下さい。

是非本屋さん、ネットなどで入手してみて下さいね。

 「写真好学研究所より」
公開講座のお知らせ
①白黒基礎講座プリント編 2月12日午後〜開催(定員5名)参加費¥5,000(税込)
 参加希望者の方は info@matsubara-yutaka.com
宛にご連絡ください。
②定例講座は3月3日14時より美里の古民家Hibicoreで開催します。
 見学希望の方は info@matsubara-yutaka.com 宛にご連絡ください。(見学費珈琲代として¥500御協力ください)
非常勤講師を担当している名古屋ビジュアルアーツ写真学科も2年生が卒業制作の提出を終えました。卒業制作展などの情報は改めてお知らせさせていただきますね。

gallery2週目に入り2日目もまもなく開廊。今日は大阪から知人が足を運んでくれます。雪道だいぶ解けて来ましたが気をつけてお越しください。

寒い日が続きますが(インフルエンザも流行っているようです)身体を温めるようにしてお過ごしくださいね。

それではまた。

追記
明日は選挙。18歳になる息子と投票に行って来ます。

ギャラリー入口用にWi-Fi対応ドアホン準備しました。
息子に設定してもらってテスト運転完了。iPhoneで受信出来るようになりました。
充電式で結線いらずです。gallery無人の時は鳴らして下さいね。

 

白黒銀塩写真撮影基礎講座開催しました

今年もあと少し、あっという間の一年でした。皆さんの一年はいかがでしたか?

先週12月17日日曜日三重県津市美里町で写真好学研究所公開講座を今回KIPプロジェクトさんとコラボレーションして白黒銀塩写真撮影基礎講座を開催しました。
午前中撮影基礎講座と白黒フィルムで撮影、午後から午前中に撮影した白黒フィルムを現像処理を行う講座でした。

移住して12年を経てようやく三重美里で開催できた白黒フィルム現像講座@gallery0369
現像参加者はこのステンレスリールにフィルムを苦労して巻きました。

午前中の講座は古民家Hibicoreで光を扱う写真のシステムを大判カメラを使いながら説明。そのあと実際に一眼レフカメラに白黒フィルムを入れて実際に撮影。モニターで確認できない撮影に緊張が走りました。

移住して十数年、頭には描いていたのですがなかなか実現出来なかった今回の講座。リール巻きなど慣れない部分で苦労したりしましたが、現像処理を終えたフィルムを確認するときのドキドキ感は何者にも変えられないと思います。年に数回は今回のような講座を開催していこうと思います。開催時期など興味ありましたらメッセージいただければと思います。

講座最後にはみんなで記念写真。

参加された皆さんお疲れさまでした。
次回はいよいよ自分の白黒ネガからのプリント作業です。

※KIPの稲垣さん、アシスタントを務めてくれた山羽君ありがとうございました。

ブログ更新も年内はこれが最後になります。みなさん、良いお年をお迎え下さいませ。

写真展「Local public bath」無事終了致しました。

写真展を終えて雪が少し降った三重美里に戻ってきました。
(今年雪を見るのは初めてですね、そういえば)
写真展「Local public bath」@gallery176を12月12日無事終えることができました。開催期間中多数ご来場いただきありがとうございました。会期後半戦は特に寒気の影響からかなり冷えましたがご来場いただき感謝しております。また12月3日には銭湯応援活動家松本氏をお迎えしてのトークライブは、会場満員になる方々にご参加いただきまことにありがとうございました。
写真展全体の構成の話や出力プリントの話など今回の写真展に開催中に来場していただいた方々とじっくりと話させていただいたことも今回の展示の特長だったと感じています。交わさせていただいた言葉の数々は今後の活動の糧にさせていただきます。

今後ですが1年に1回程度「Local public bath」の写真展を開催してゆく予定です。今後の動きにご期待いただければと思います。

↓写真は最終日に来ていただいた方々。ありがとうございました!

謝々。

 また、お知らせになりますが、今回写真展を開催したgallery176では次回12月22日から野村佐紀子写真展「Ango」が開催されます。
写真展内容(gallery176HPより抜粋)
『Sakiko Nomura: Ango』は1946(昭和21)年に発表された坂口安吾の短編小説『戦争と一人の女』【無削除版】に、野村佐紀子が撮影した写真作品を加え、新たに編集し造本した “書物”です。その出版記念として、収録された作品に加え、野村佐紀子が新たにプリントした多重露光プリント他、今回の展示のための特別作品を交えて展示いたします。
*詳細は以下のページをご覧ください。
gallery176を今後とも宜しくお願い致します。
以下番外編ですが…

搬出終了翌日は名古屋で対談撮影の仕事。その仕事のあと銭湯のことをいろいろ教えてもらっている中学の同級生ケロリン桶太郎と待ち合わせて名古屋市内の銭湯「三階橋温泉」へ。

ここはちょうど50周年を迎えている銭湯。浴室も広くて良い感じでした。仕事帰りの人達がいつものように入りに来ていました。脱衣場でのお客さんが「17日まで毎日はいりにこにゃいかんよ」と話をしていました。ここはこの17日で50年の銭湯営業に終止符を打たれるのです。お客さんとのやりとりをほんの少し聞かせてもらうといろんな思いのある中で決断されたのだと感じることができます。時間の流れは本当に止められない…
この日の帰り道は今年はじめての雪でした。