大阪写真展巡り

gallery176での会議を終えた翌日大阪で写真展巡りでした。
ソール・ライター展@伊丹市立美術館。平日にもかかわらず沢山のかたが観覧してました。(gallery176も参加する関連企画もあります。)

そのあとビジュアルアーツギャラリーに小野啓さんが地下アイドルを撮影した「暗闇から手を伸ばせ」を拝見。50oldの私には地下アイドルの存在についてもちろん詳しくないのですが、異様な「熱」のようなものが存在することはしっかり伝わってきました。同タイトルの写真集も会場に置いてあるので同時に読ませてもらうとより深く入り込めると思います。(テキストをじっくり読ませてもらうと良いかと思います)写真撮影OKでしたので記録撮影。大阪校の村中校長、写真学科浦芝学科長、以前名古屋に見えた細谷さんにもお会いできました。(授業中の北井孝博先生にもお会いしました)

最後はキャノンギャラリー梅田の千賀英俊「空蝉」展へ。名古屋会場、梅田会場と2つ拝見しましたが会場によって写真から受け取る印象が多少違う点、今回のシリーズで感じた印象などを伝えました。閉廊後、難波界隈のお店で写真談義。ふらりと入った店でしたが料理美味しくなかなか良い店でした。難波(というか日本橋)最後は末広湯(この銭湯朝風呂もやっているようです、一度朝行きたい)でひとっ風呂。さっぱりして三重に戻りました。

※gallery176から預かったソールライター展の案内もgallery0369に掲示しました。
大阪楽しませてもらいました。ソールライター展はもう一度足を運んで見たいです。
↓写真@大阪にて↓

matsubara-yutaka
三重県津市美里町在住の写真家 松原 豊です。 企業広報誌、雑誌、広告写真などの撮影業務と併せて 地元三重県の村や町の風景、人などの撮影を積極的に行っています。 gallery0369オーナー 写真好学研究所所長 公益社団法人日本写真家協会会員 専門学校名古屋ビジュアルアーツ写真学科講師 gallery176運営メンバー 三重、写真、松原 豊で検索して見て下さいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です