幻灯会2018春の打合せ

昨日日曜日の夜は近所の劇場Théâtre de Bellevilleで年2回開催している写真映像に生演奏を重ねるライブパフォーマンス「幻灯会2018春」の打合せでした。

↓ここで幻灯会の説明を広報資料から抜粋でお伝え↓
2016年からはじまった恒例企画「幻灯会」。写真家・松原豊の写真と、シンガーソングライター・FOUR LEAF SOUND/村林友子、今回「幻灯会」初参加の音楽家・宮嶋哉行の生演奏とのコラボレーション。プロジェクターで写し出される写真と響きあう音楽。異種間ライブセッション。芸術監督として第七劇場の鳴海康平を迎えての開催となります。(広報資料より抜粋)

今回春の幻灯会の上映写真は「熊野」松原が2005年あたりから2018年の冬まで撮影してきた「熊野」の風景などの写真に生音が絡んだ幻灯会になります。(カメラの移り変わりで辿ると2005年ころのNikon D100/600万画素〜現在のNikon D800/3630万画素/このカメラも随分古いか…/になります)

2018年の春は5月12日土曜日20時〜開催。(本日12日〜予約開始になります。御予約はこちらから)春の里山での劇場の夜、「幻灯会」に是非足をお運び下さい。関係者一同お待ちしております。

過去の幻灯会(YouTube)
幻灯会2016春(初回)
幻灯会2016冬EURASIA

※写真は熊野@七里御浜(2016)

matsubara-yutaka
三重県津市美里町在住の写真家 松原 豊です。 企業広報誌、雑誌、広告写真などの撮影業務と併せて 地元三重県の村や町の風景、人などの撮影を積極的に行っています。 gallery0369オーナー 写真好学研究所所長 公益社団法人日本写真家協会会員 専門学校名古屋ビジュアルアーツ写真学科講師 gallery176運営メンバー 三重、写真、松原 豊で検索して見て下さいね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です